スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

てぃむのパテラ検診&レディの椎間板ヘルニア

こんばんは、しばらく更新できずバタバタしておりました

今日のブログは「字」ばかりです・・・興味がなければスルーしてくださいね~。

ママには4歳年上の姉がいます。
姉は旦那さんと死別してから、一人で21歳の息子(専門学生)と、高2の娘を育てててきました。

そして6年前、小さなマルチーズの女の子を家族に迎え、大切に育ててきたのが
「レディ」です。(6歳)
t02200165_0640048011638222227.jpg

o0480064012800199754.jpg
レディは、2㌔の小さいマルチーズです。
パッと見は、てぃむよりも小さく見えます(マルチーズなので、胴も足も短い)

そのレディが去年、「椎間板ヘルニア」になりました。
o0480064012800199659.jpg
その時の症状は、「キャン」と鳴き・同じ姿勢で震えながら一晩すごし、
次の日近所のT病院で、「椎間板ヘルニア」と診断されました。

幸い初期症状で、注射と安静で痛みはなくなり・最近まで過ごしていました。

ところが数日前、姉から
「同じ姿勢をして、部屋の隅で震えている。首が上げれないようだ」と電話がきました。

私は「きっと椎間板ヘルニアの再発」だとうと言い、次の日病院へ行くように言いました。

姉はかかりつけのT病院へ行き、触診&レントゲンを撮りました。
(残念ながら、椎間板ヘルニアはほとんど、レントゲンに写りません)

この時のレディも写りませんでしたが、右後足の軽い麻痺と症状からして「椎間板ヘルニア」との診断。

昨年よりもグレードが進み「グレード2」。

しかしT先生は「これぐらいのヘルニアなら、注射とお薬で、安静にしていれば良くなる」と判断。
レディは3日続けて注射(ステロイド)をし、お薬を飲んでいました。

じつは私自身「椎間板ヘルニア」持ちでして。手術をしてないので今も爆弾を抱えてる状態なんです
なので詳しい検査をした方が良いと言いましたが、
姉は「先生はこれぐらいなら検査しなくても良いと言った」と言うんです。

私は姉に「セカンドオピニオン」で、てぃむのパテラ手術をしてくれたW先生のところへ行くように勧めました。
しかしT先生の診断に納得していた姉は行こうとしません

私は「何番目の脊髄がヘルニアなのか、ヘルニアは1つなのか検査しなきゃわからない」と言うと、

姉は「先生も検査するなら紹介するけど、今の段階では検査しなくても良いよ言った」と言うばかり。。。

昨日12月7日、無理やりセカンドオピニオンにW先生のところへ連れて行き、
ついでにてぃむのパテラ検診もすることにしました。

W先生に1軒目の病院の診断を話し、セカンドオピニオンできたと言いました。

先生は、「レディちゃんは小さい。決して太ってないし、ヘルニアが2回も出るとは思えない。
もしかしたらヘルニアが数個あるかもしれないから、CTで詳しく検査した方が良いよ、今後の治療方針もあるし」
と姉に勧めてくれました。

CTは断面なので、脊髄のどの部分からヘルニアが飛び出ているかわかるんだそうです。
そしてCTの結果で「手術が必要か否か」を判断するべき・・・とおっしゃいました。

姉も納得し、先生から紹介状をお願いし、
今週の木曜日(私の休み)に遠くの病院まで検査しに行くことになりました。

そして、てぃむも診察してもらいました。
DSCN3317.jpg

手術した左足は完璧にくっついていて、筋肉も付いてきているとのこと

術前の右足ですが、グレードは進行していなく・前のまま維持していました。
グレード3です。

手術はする必要のあるグレードですが、成功した左足の筋肉をもっとつけてから
右足の手術をしたら良いとのこと

今のてぃむは、パテラの右足も普通に使っていてかばっているしぐさはしていません。
左右ともバランスよく使っているみたいです。

先生と2歳になる頃に手術しようか・・・と話し、「きっと今度も無事手術成功する」よ、

ゲン担ぎで・今年左足を手術した日と同じ来年の七夕の日にしようと決めてきました。
(2015年7月7日・予定)

DSCN3272.jpg

手術まで何か月かに1回は、定期検査を受けた方が良いかと聞いましたが、
「この調子なら定期検査は必要ないよ」と言ってもらえました

今まで皆さんには本当にご心配していただき、感謝の気持ちでいっぱいです。

手術はしなきゃいけませんが、グレードが進んでなかったことはとえも嬉しい事

後は木曜のCTで、レディも重度ではなく、軽度でありますようにと祈るばかりです

今日は記録の為長いblogを書かせていただきました。


実は、てぃむの異母姉妹の「ララちゃん」が、
飼い主さんの管理不足で栄養失調から「急性膵炎」になり、
膵臓から膵液が内臓に流れ込み、「アジソン病」になりました・・・

W先生のところへ入院し、退院したにもかかわらず、その後も飼い主さんが上手にご飯管理できず・・・。
1・8キロあった体重が1キロジャストになり、今日再び入院したそうです。

自力で食事が取れず、今日は体に管を通し、直接栄養を入れる手術をしたそう・・・。

今生死の境にいる。ララちゃん・・・頑張れ!!

しばらくバタバタしますので、皆さんのブログにお邪魔できないと思いますが

どうかお許しください。

今日は、病気のお話ばかりですみませんでした




関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。