スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

てぃむのパテラ検診と、相談

ここ数日はとっても良いお天気の神戸です

先日、半年ぶりにてぃむのパテラ検診に行ってきました。
DSCN6102.jpg
てぃむ:「先生に診てもらったでしゅ

今日は文字が多いので、興味のない方は遠慮なくスルーしてくださいね


昨年、手術をした左足は順調に筋肉がついてるとのこと

まだ手術してない・右足も筋肉はついていますが、やはりお膝は簡単にはずれる状態・・・です。

先生にお家の中で「猛ダッシュ」する動画を見てもらいました。

ママ:「「こんなに元気に走りまわるけど、手術は必要ですか」と聞くと、先生はこう話されました。

先生は、「てぃむちゃんの場合、右足の膝が外れても痛みはないねん。手術した左足の調子が良いから全速力で走っても右足に影響は出にくい。
でも怖いのは膝が外れることじゃなくて、走っていて滑って、「靱帯」がプツンと切れてしまうことが怖いねん」とおっしゃいました。

我が家はリビングにラグを敷つめていますので、フローリングで滑ることはありません。

真ん中にこたつを置いているのですが、コーナーを遠心力を付けてすごいスピードで走り回るんです。

もし、ラグを敷き詰めていなければ・このスピードで走ると「靱帯が切れる」可能性があるとのこと・・・。

知り合いのプードルちゃんは、パテラのグレードが3のまま手術せず年齢を重ねていきました。
その子は靱帯が伸び、その後靱帯が切れました。

切れた靱帯の手術はとても大変なこと・・・
パテラの手術後は1週間のケージレストですが
、靱帯の術後は1カ月はケージレストしなくてはいけないそうです。

パテラって「膝の骨」の問題だけではなく・「靱帯」」にも影響が出るんですね。。。

先生は、「筋肉がついても、残念ながら膝が外れるのは治らない。
靱帯が伸びたり、切れたりすることを恐れて運動制限することも良くない。
てぃむが走ることを楽しんでいるなら、手術をして好きなだけ走らせてあげたいやん
手術は急ぐ必要はないけど、早い方が良いのは良いよ」・・・とのことでした。

もう1つ、先生に相談。てぃむの避妊手術のことです

てぃむは年末~1月にヒートだったのですが、じつはその2か月後・「偽妊娠」になりました。

わんこは交配して約2カ月で出産します。

ちょうどヒートが終り、2カ月経ってから「小さなオモチャ」を咥えて離さず「キュンキュン」鳴いていました。
オモチャをベッドへ運び入れ、ぴんたんが近づくと「ガウッ」とぴんたんの顔を噛もうとしました

そのことを相談したら、偽妊娠する子はホルモンの影響がでるから避妊手術をしなきゃいけないそうです。

ではいつ・・・
やはり前々からおっしゃってるように、避妊手術をすると太るので
パテラの手術の後じゃないと・・・とのこと。
パテラの前にして、体重が増えると膝に負担がかかるからです。

DSCN6111.jpg
毎日走り回り、元気に過ごす姿を見ると「ほんまに手術しなアカンの」って
思っちゃうパパとママ。

やっぱり手術はした方が良いんだね・・・

DSCN6102.jpg
夏には2歳になる・てぃむ
これからもいっぱい走れるように、手術をしようと思います。

今日は夕方から、そっちゃん&てぃーちゃんのトリミングに行ってきます~
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。